2011年04月11日

311・じき一ヶ月

こーゆー話題の今だからこそだなーと妙に感心しましたが
「役所と言う物は平等な対応をしないといけないてのが前提にあって、臨機応変対応すると不平等が生じる危険性がある。個々勝手に判断・行動は出来ない〜(かなり要約)」と言う参考意見を頂きました。
そっか〜・・・根本から変えなきゃならないって事ですね。
阪神淡路の時も避難所の格差が問題視されてたけど。
あれから16年・・・えっ、その間いっこも進歩・進化してないって事!?(驚愕)
これ以上続けると、政治話題になるのでストップします。
やっちゃいけない話題→政治、野球、宗教・・・あと何だっけ。
視聴率を取るのは、子供と動物とラーメンてのはガキ使で覚えたんだけど(^^)
(でも昨日の大河後、速攻ニュースで大ガックリ。こっちの試練も根気強く行かねば)

あと何時間かで一ヶ月が経ちます。
震災数日後、沢山の物資が集まって救助隊や支援が到着して。
それが目に見えて判った頃は、一ヶ月もしたら更にもっと安心感が増すかと思っていたけど逆でした。
日が経つに連れ先行き不安ばかり増して行き、皆それをごまかしてガマンして時々小さく発散して自棄になってもうあきらめた気分で笑ったり。
この一ヶ月で判ったのは、とにっっっかく、長い長い長い長い長い〜〜〜〜〜支援が必要だって事です。
食は、余裕は無いけど今日一日の命を繋げられるラインには近づいてます。所によりけりですが、ぼちぼち最初の食料支援が無くなりかけてる報告も聞きます。
1万人避難として、1日缶詰2個として、1週間14万個、1ヶ月62万個。小学生並みの計算でも膨大。
一時にどーん!と送られた物資を見て「これだけ来たから一安心」では無く、定期的な一定量が必要です。

で、また物資話ですが、今度は役所と逆話題。
搬送ラインも復旧し、避難所宛OK、仮設の住所も徐々に決まって来て、人に物を渡し易くなる時期。
大被害に物資不足、もうとにかく尻に火の付く思い、うちも何か出せる物を、と考えるのは道理と思います。
ええと・・・ですがちょっと待って下さい。
現地と直にコンタクト取れるうちの近辺では無いのですが、ちょっと困った事象も見受けられるので。
口幅ったい事を言いますが、支援物資や差し入れは、先方から「それでいい!」と指定が来ない限り、家の中の不要物を差し出す行為では無いです。
「うおー!何でもいいからあげたい!!!」となる気持ちは、よっっく判ります。
一呼吸入れて下さい。落ち着いて下さい。家の中の片づけを始めないで下さい(^o^)
簡単なのは「送る」じゃなくて「贈る」に変換してみるとか。
今回に限った事では無く、常日頃「あげて嬉しい物より、貰って嬉しい物」を肝に銘じているのですが。
特にオタクはプレゼントと言うと、変にウケに走る部分があるしね(^^ゞ気をつけてます。
ウケ狙いのプレゼント合戦世代を過ぎたら、何つっても実用!
「コレあげよう!」と決める前に一度、あげたい物候補をじっくり手に取って見て「自分だったら実際にコレ使うか?使い勝手はいいか?本当にちゃんと便利に使える物か?」と自問します。
今回たまたま私は打診確認が出来る位置に居ますが、そうじゃなかった場合は自分も間違いかねない。

地元からは「第一段階の生命維持が足りてきて、そろそろ次の段階への移行期。第二段階になったら又色々不足する物が出てくると思う」と言われました。
半壊家屋を直して住む人、仮住居で新生活始める人、営業再開準備を進める人、まだまだ避難所暮らしの人、何もかんも流されて「毎日毎日あっあれが無い、あっこれも無いんだーって改めて気付くんだよ」
今なんにも力になれないって思ってるかた、焦らなくても出番は必ず来ます。
どっちかっつうと焦らないで下さい(笑)「何かしたい」って気持ちを消さないまま、数年付き合って下さい。
のんきサークルの新刊続刊を待つ気持ちで。一般入場待機列の気持ちで!←これ数年は無理(^^;)
長期の支援を支えるためには経済基盤が大切だし、職ある人が日々普通に働くのも凄く大事な支えです。
先週は夏の確認葉書が来ました。オタ仲間が皆元気で集う夏を心から願います。

>かずえと様
参考になる御意見ありがとうございました。
今ならではのコメントかもですが、多方面からの御意見、不謹慎かもしれませんが面白く拝読しました。
前回書いたような状況下で、今すぐ食べ物を与えないと確実に死ぬって人がいた場合
「僕が懲戒処分されるんで止めて下さい」って役人は居るのでしょうか・・・
法律は全く明るくないので詳しい事は判りませんが、特例があるのかな・・・。
特例が有って、認められればいいなと思います。
メッセージありがとうございましたv


>ともみ様
古くからのお付き合いありがとうございます。
御自身がお住いの地域も御家族のお住いも大変で、気が休まらない日々と想像します。
お世話になっている人の縁者が気仙沼なのですが、そこもかなり・・・だそうですね。
うちも駅前通り隔てて、被害の差が天地ほど激しいです。
被害の有った場所は何処もそうと思いますが、もう何がどうなったやらの変化で。
色んな物が失われましたが、少しずつやって行くしか無いみたいなので、お互い無理をしない程度で・・・
余震に御注意、お体大切にお過ごし下さい。
メッセージありがとうございましたv


>お役所〜!!様
直球ツッコミメッセージありがとうございます(^^)
どこかで誰かが怒ってくれてると思うと、なんか安心と言うか、元気出ますね。
メッセージありがとうございましたv
posted by なの at 05:28| 311覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする